売り上げNo1ディーラーが教える最安値で購入できる方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「ユーカーパック」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定

 

トヨタ「ライズ」とホンダ「ヴェゼル」はどちらもコンパクトSUVで人気の高い車です。

今回は、そんな2台を外装、内装、価格や燃費、ラゲッジスペースの広さなど徹底比較してみました。

 

Sponsored Link

ヴェゼルとライズの外装と内装を比較

引用:https://kakakumag.com/car/?id=14638

まず、ホンダ・ヴェゼルとトヨタ・ライズの外装について違いについて、ライズはどちらかというとかわいらしさや女性、男性両方の利用を意識したデザインになっており、アウトドアよりのデザインになっています。

一方、ヴェゼルは街乗りSUVを意識した上質なエクステリアになっており、ライズと比較しても上質な印象を受けます。

ヴェゼルは全体的に曲線がかった丸みを帯びたフォルムで、ライズはすこし線を意識したデザインになっています。

 

内装についても、ヴェゼルのほうが上質なイメージです。

ヴェゼルは上位グレードになると、本革、合皮といったシートを採用しており、インパネなどのデザインも洗礼されています。

 

それと比べると、ライズはすこしチープな印象を受けます。

ただ、ライズの内装面が決してダメなわけではなく、同じサイズのコンパクトカーと比較すれば質感が高いデザインになっています。

室内の広さについてですが、ライズのほうが長いですが、幅と高さはヴェゼルのほうが上です。

車内の広さはヴェゼルのほうがゆとりがありますが、ボディいサイズから考えればライズもそこそこ広いです。

ライズ
室内長1,955×幅1,420×高さ1,250
ヴェゼル 室内長1,930×幅1,485×高さ1,265

 

特にライズは後部座席の足元のスペースが広く、使い勝手が良いとされています。

ヴェゼルはファミリーカーとしても使えるため、後部座席もある程度ゆとりがある仕様になっています。

両方ともに後部座席がリクライニングになっており、後部座席でもゆとりをもって乗れるように工夫はされているので、ヴェゼル、ライズ以外のコンパクトSUVと比較すれば車内が広く、ボディサイズはコンパクトな車になっています。

Sponsored Link

 ヴェゼルとライズの価格比較 

価格についてですが、ライズにはグレードが2WDと4WDでそれぞれ4種類あります。

一番最安値でライズXが価格が1,679,000円~となっており、最高値ではライズZ(4WD)にて価格が2,282,200円~となっています。

ライズでのオススメグレードは「Z」と呼ばれるグレードで2WDで約200万円となっています。

理由は、内装の違いもありますが、なによりも先進安全装備が充実しているのがZグレードだからです。

一方、ヴェゼルは、4種類のグレードに分かれていて、ガソリン車、ハイブリット車で価格が分かれています。

一番安い価格がヴェゼルガソリン車、2WDで2,080,000円~で、一番高額なか価格がヴェゼルハイブリットZ(4WD)で2,930,000円~です。

ライズ 1,679,000~2,282,200円
ヴェゼル 2,080,000~2,930,000円

オススメはハイブリットのX車で価格が250万円ほどのものです。装備が充実していてコスパに優れているところがオススメのポイントになります。

こうして価格の比較をすると、ヴェゼルのほうが高額であり、ライズのほうが若干安い価格帯になっています。

ただし、つけるパーツや店頭での値引きなどによって同じぐらいになるので、そこまで意識しなくてもよいです。

ライズとヴェゼルの燃費比較

続いて、燃費についてですが、カタログ値でライズは1.0Lターボで2WDでの数値ですが、23.4km/Lとなっています。

たいしてヴェゼルですが、1.5Lハイブリット2WDでの計測で18.5L/kmです。

ライズ 18.5L/km
ヴェゼル 23.4km/L

燃費性能については、ヴェゼルよりもライズのほうが勝っています。

もともと車体がヴェゼルよりもライズのほうがコンパクトになっているのでそれが影響しているのかもしれません。

さらに、ライズは排気量の関係で、ヴェゼルよりも自動車税が年間5,500お得になります。

なので、そういう面で見た際にもヴェゼルよりもライズのほうがお得になるかもしれません。

ただカタログ値での単純比較なので、どういったシーンで利用するのかも意識して購入されることをオススメします。

Sponsored Link

 ヴェゼルとライズのラゲッジスペースを比較 

ヴェゼルとライズのラゲッジスペースについて、カタログ値でいうと、ライズは369lで、ヴェゼルは393lとなっています。

ラゲッジスペースの質量でいうとヴェゼルのほうが上です。

ライズのラゲッジスペースの特徴は、FF(2DW)仕様にすれば、フロアボードを下段にセットして、深さ215mmのスペースを確保できます。

そのボードを上段にセットすれば340mmのスペースを確保でき広々としてスペースを利用できるのが特徴です。

ヴェゼルと比較すればあまり容量がないように見えますが、同サイズのC-HRと比較したとき、C-HRは318lなので、それよりも容量が大きいサイズになっています。

サイズ的にはコンパクトSUVでは両方ともの車はラゲッジスペースがトップクラスになっています。

ライズの後部座席を倒した場合、倒したシート部分がすこし斜面になりますが、かなりの積算量となりキャンプのテントなど長さがあるものでも積むことができます。

アクセサリーでルーフボックスやキャリアがつけられ天井部分にも荷物を積めるメリットもあります。

一方、ヴェゼルのラゲッジスペースですが冒頭でも説明した通り、ヴェゼルのラゲッジスペースはコンパクトSUVの中ではかなり大きいスペースを誇っています。

高さ900mm、幅1020mm、奥行き780mmという広々としたスペースです。

もちろん本格SUVと比較すれば容量は少ないですが、同サイズのSUVと比較すれば十分な広さです。

床下収納もライズ同様装備しており、そこにリペアキットなどを収納しておけます。

ヴェゼル車中泊ラゲッジスペース

後部座席を倒せば、約1600mmというサイズのスペースを確保でき、ゴルフバックなどの長いアイテムでもしっかりと収納できるのが特徴です。

ヴェゼルとライズ 比較まとめ 

ヴェゼルとライズの違いについて大まかには、ヴェゼルは街乗りを意識して高級感のある仕様になっていることに対し、ライズはアウトドア好きな方や、女性でも乗りこなせるサイズ感、デザインを意識していて燃費や走行性能もよいコンパクトSUVになっているというところが特徴です。

ヴェゼルカスタムエアロ

価格については大きくは変わらないので、あとは両車のどういったところが気に入るかで購入を決めるのが良いかと思います。

タイプ的にも二つの車は違うので、デザインや室内の雰囲気などをみてみて決めてみてはいかがでしょうか。

ヴェゼルを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

「ヴェゼルが欲しいけど予算オーバーだ…」

「ヴェゼルをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、ヴェゼルの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、ヴェゼルには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取り、一括査定はもう古い!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「ユーカーパック」なら一括査定のような営業電話もなく、最大5000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定