ヴェゼルを値引き額からさらに安く買う方法

ディーラーの安い査定額で満足している場合ではありませんよ!

ディーラーというのは、もともと値引き相場が決まっているので、どんなに交渉しても、ある価格までしか値引きしてくれません。

じゃあ、どうするか?

愛車をなるべく高く売ればいいんです!

買取価格が上がれば、結果的に購入時の値引きが大きくなったのと同じですよね?

車の査定は後回しにすると損・損・損!!

ヴェゼルをファミリーカーとして使う場合、4人家族が乗っても室内はきゅうくつではないか気になる部分です。

ヴェゼルはファミリー層に人気がありますが、4人乗りしても広々とした室内空間で快適に出かけたいところですね。

基本的にヴェゼルのような乗用車は、5人乗車が前提なので4人家族でも全く狭くは感じないと言えます。

ファミリーカーとしてのおすすめの理由や家族を守る安全装備、年間維持費はいくらなのか?についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ヴェゼルが4人家族におすすめの理由


引用:https://www.honda.co.jp/

 

ヴェゼルはファミリーカーとしての機能はどうなのか?

室内の広さや乗り降りのしやすさなどをお伝えします。

4人家族全員が乗車して室内は広い?


引用:https://www.honda.co.jp/

ヴェゼルの室内サイズは「全長1,930mm×全幅1,485mm×全高1,265mm」です。

このサイズだけでは、4人家族が乗っていもきゅうくつなのかどうか分かりづらいところです。

前席は言うまでもなく快適で余裕がある設計になっていますが、気になるのは後部座席ですね。

ヴェゼルの後部座席の設計は身長185㎝の成人男性が乗ってもゆとりをもって座れるようになっています。

なので、子供2人が乗っても余裕の室内空間を保てます。

 

ちなみにシートベルトは3つありますが、真ん中の席は3点式ではなく天井から引っ張りだして固定するベルトなので、5人乗りの設計ですが4人乗りがベストと言えます。

ヴェゼルシートベル

後部座席にはエアコンの送風口はついていないので、前席からの風を送る必要があります。

暑い夏の日などは、エアコンが全体に効くまではちょっと暑いかもしれません。

しかし、ワンボックスのように大きな室内ではなくコンパクトSUVなので、快適になるのにそこまで時間はかかりません。

また、ほとんどのSUVの後部座席はリクライニングができませんが、ヴェゼルは1段階だけですがリクライニングが可能です。

 

 

元々スポーツカーが大好きだった人にとっては、走りに関しては妥協して家族のためにSUVやミニバンを選ぶこともあります。

しかし、ヴェゼルの「ツーリング」グレードはターボエンジンなので、トルク感のある伸びやかな加速を実現します。

更にボディ剛性を強化して、専用の「パフォーマンスダンパー」を採用し、コーナーリング性能を高めています。

なので、車との一体感のあるしなやかな走りを体感できるので、家族を乗せていないときなどは、ワインディングロードで走りを楽しむことも可能なのです。

ヴェゼルのラゲッジスペースは広い?


引用:https://www.honda.co.jp/

ヴェゼルのラゲッジスペースは、「奥行き780mm×幅1,000mm×高さ880mm」です。

さらに、低床プラットフォームなのでラゲッジスペースは余裕があり、393Lの余裕のスペースを確保しています。

後席を倒せば奥行きは、1,700mmまで拡大します。

かなり広くフラットなフロアになり、使い勝手が良くなります。

ラゲッジスペースに子供たちの自転車なども、積むことができます。

通常なら後席下にある燃料タンクですが、ヴェゼルの場合は前席下に燃料タンクを移動させることで室内効率を飛躍的に向上させています。

ヴェゼルは乗り降りはしやすい?


引用:https://www.honda.co.jp/

車の敷居が高いとつまづくことがありますが、ヴェゼルの運転席の敷居は「8cm」あるので少し高い印象です。

慣れていないと少し足を、つまづきそうになるかもしれません。

着座席に関しては高すぎないので、スムーズに乗り降りができます。

その分、後部座席は足元がゆったりしていて、天井も高いので開放感はあります。

ヴェゼルはチャイルドシートは設置しやすい?


引用:https://www.honda.co.jp/

ヴェゼルはチャイルドシートを、簡単に設置できます。

ヴェゼルは乗り降りしやすい高さなので、チャイルドシートを設置するときも苦労しません。

初めてチャイルドシートを買おうという場合で、どれにしようか悩んでいるならディーラーオプションの、チャイルドシートが良いかもしれません。

理由は、チャイルドシート設置用に、専用の金具が後部座席に備わっているからです。

スポンサードリンク

ヴェゼルの安全装置が家族を守る


引用:https://www.honda.co.jp/

 

チャイルドシートを取り付けて、いざ出発と行ってもいついかなるときでも事故には気を付けなければいけません。

たとえ、どんなに運転が上手な方でも、相手が原因の事故なら避けようがない場合があります。

さらに、最近では逆走をしてくる車もいるので、いくら安全に気をつけて運転をしていても事故に合う可能性もあります。

大切な家族と自分を守るためにヴェゼルには「ホンダセンシング」が装備されていて、以下の8つの機能が備わっています。

・衝突軽減ブレーキ

・誤発進抑制機能

・歩行者事故低減ステアリング

・車線維持支援システム

・路外逸脱抑制機能

・先行車発進お知らせ機能

・標識認識機能

・アダプティブクルーズコントロール

以上のような機能が備わっていれば、安全に走行ができます。

このような安全機能は、運転支援をするもので100%頼るものではありません。

人間なのでウッカリもありますしミスもあります。

そうした「ウッカリ」や「ミス」などがないように、運転のサポートをするのが安全装備なのです。


引用:https://www.honda.co.jp/

ミリ波レーダーと単眼カメラにより前を走る車を検知して衝突の恐れがある場合は音とディスプレイの表示で運転手に注意をうながします。

衝突の危険が高まると、自動ブレーキで衝突を回避又は被害軽減をさサポートします。

 

「歩行者事故低減ステアリング」は歩行者側の車線を越えようとしたら、歩行者と衝突する危険があると警告とディスプレイによって、運転手に注意をうながします。

そして、車道方向へとステアリング操作を自動サポートしてくれる機能です。

 

「路外逸脱抑制機能」は、単眼カメラにより車線を検知して、ディスプレイ表示とステアリング振動により、運転手に注意をうながします。

さらに、車線内に戻るようにステアリング操作を支援し、それでも道路からはみ出ようとする場合はステアリング操作をサポートしてくれる機能です。

さらに自動的にブレーキが作動して、減速をして車線内に戻るようにサポートします。

 

ホンダセンシング安全装備の動画はこちら

スポンサードリンク

ヴェゼルの年間維持費は?

最後にヴェゼルの年間の維持費について紹介をしていきます。

ファミリーカーに向いている車でも年間維持費が多くかかるようでは生活の負担になってしまいますからね。

 

まず、ヴェゼルの年間の維持費で必要なのは「自動車税」です。

自動車税は、排気量により税額が違います。

ヴェゼルの排気量は、1500ccなので、自動車税は「34,500円」です。

 

そして、年間の燃料代ですが1年の走行距離が1万キロとして平均燃費から計算するとハイブリッドが「6まったk000円」前後となります。

都市部と田舎道でもかなり変わってくるので、年間の燃料代は道路事情によって変わることがあります。

 

他にもエンジンオイル交換などの費用は、交換してもらう店によっても値段が異なります。

大手カー用品店の場合は、「5,000円」位の値段となります。

自賠責保険も車検と一緒に、加入することになります。

新車で買う場合は「3,6780円」で、2年なら「24,520円」です。

自賠責は車検を受ける時に、加入する保険です。

重量税も車検の時に支払いますが、重量税は「36,900円」です。

 

もっと詳しく年間維持費を知りたいかたはこちらの記事をご覧ください。

ヴェゼルは4人家族におすすめ まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/

ヴェゼルは広々とした室内なので、4人家族でもまったくきゅうくつではありません。

そして、高さもある程度あるのでチャイルドシートも設置しやすいです。

チャイルドシートはディーラーオプションでもあるので、車を買うついでに買っても良さそうですね。

 

さらに、ヴェゼルは安全装備も充実していて、衝突軽減ブレーキはもちろんですが、誤発進抑制機能も備えています。

維持費はハイブリッドなら、免税やガソリン代が安くすむというメリットがあります。

ただ、ガソリン車と比較すると車両価格が高くなりますので、年間の走行距離に応じてどちらを選ぶか検討する必要があります。

エコカー減税やガソリン代が安いからといった理由だけでハイブリッドを購入すると、結果損するということもあるので、慎重に選んでくらだいね!

ヴェゼルは若い人からファミリー層まで幅広い年齢層に人気があります。

4人家族で使うには十分な広さと機能を備えている車なのでおすすめです。

 

ヴェゼルを値引き額から、さらに安く購入できる裏ワザとは?

ヴェゼルを購入するなら、ぜひこの裏ワザでお得に購入してくださいね!

自分の愛車の査定額を知らずに、ディーラーに行くと必ずします!

実際どのくらい差が出たのかをご紹介します。

この車はディーラーでの下取りを含めた値引きが250,000円でした。

 

まだ、比較的新しい車ということもあり

「えっ?? そりゃないよ~

ということで一括査定で無料査定してもらうと?

 

適正価格はなんとディーラーよりも20万円も高い買取金額でした。

その後、ディーラーへ行き「買取店で45万円という査定額だったのですが」

と伝えてみると、検討するとのことで2日ほど待たされましたが

「今回購入してくれるなら、2万円上乗せして47万円で下取りします。もう限界です…」との回答。

最初の値引きが限界と言いつつ、一括査定の金額を提示すると25万⇒47万=22万のアップです!

安心車.JPなら無料で10社の査定が受けられる

「安心車.JP」が人気なのは、メーカーや車種、年式など、たった1分ほどのかんたんな入力で、しかも無料であなたの車の下取り価格がわかること!

「安心車.JP」はあなたの車をより高く売ることができる一番の方法です!

「安心車.JP」に登録している買取業者は「ガリバー」「アラジン」「TAX」といった優良企業が50社以上!!

・車両情報などを入力して無料ですぐに査定

・一番高い金額を提示してくれた業者さんに売るだけ

・満足できない査定額の場合はもちろんキャンセルOK!

車を乗り換える前に、まずは、事前に愛車の本当の買取額を知っておくことが大切です。

ディーラーで思ったより安い下取り価格を出されたら

「買取り店では90万円という価格が出ているので、こちらでその金額が無理なら買取りしてもらう予定です。下取りなしの条件で値引きがいくらまでできるのか提示してください。」

つまり、あなたの愛車の相場をあらかじめ知っておけば、交渉で損しない価格にまで持っていくことが可能になります。

お客さんお客さん

なるほど!どちらにしても愛車の相場は知っておいた方が損しないんだね!

↓こんな感じでかんたんに入力するだけで、今の愛車の相場や最高買い取り価格無料ですぐに分かります!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!