売り上げNo1ディーラーが教える最安値で購入できる方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「ユーカーパック」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定

 

ホンダヴェゼルがフルモデルチェンジして2021年の春に発売されることが決定しました。

現行ヴェゼルは人気のコンパクトSUVで、おなじサイズのライバル車もたくさん発売されています。

特にマツダCX-5はヴェゼルと比較されることが多く、今回はフルモデルチェンジされる新型ヴェゼルとマツダCX-5をいろんな点で比較していきます。

今回の内容を見れば、新型ヴェゼルとCX-5の価格やサイズ、燃費を比較することができます。

動画でも解説しているので、最後までお楽しみください!

Sponsored Link

新型ヴェゼルの発売時期と価格帯、CX-5の価格帯

新型ヴェゼル

ホンダのSUVであるヴェゼルが、2021年4月にフルモデルチェンジすることになりました。

ヴェゼルは2012年の12月にデビューして大人気モデルとなりましたが、それ以降トヨタ・C-HRやマツダ・CX-3などライバル車がたくさん登場しています。

新型ヴェゼル

また、今回のフルモデルチェンジによってヴェゼルのボディサイズは若干大きくなるようですので、マツダ・CX-5と比較してみたいと思います。

まず、現在販売されているヴェゼルの価格は約211~298万円となっています。

CX-5は約246~414万円でCX-5の方が割高ですが、車格が異なっていますのでCX-5の方が高いと言うことはありません。

そして、新型のヴェゼルですが価格は上昇してベーシックグレードで230~240万円くらいの価格帯になり、上級グレードは300万円を超えると予想されます。

新型ヴェゼルは全長はそのまま、全幅は少し広くなり、全高が低くなりクーペ風のデザインに変更されると予想されています。

また、1.5Lの2モーター式ハイブリッドe:HEVの搭載が予定されており、モーターとエンジンのメリットが引き出せる走りが期待できます。

また、安全装備や内装装備も充実する予定ですので、価格は上昇する見込みです。

このコンパクトSUV市場は人気のジャンルですが、C-HRやCX-30、日産・キックスなどたくさんのライバルがひしめいています。

このためホンダはヴェゼルを現行型よりレベルアップして、高級路線で攻めると予想されています。

Sponsored Link

 新型ヴェゼルのエンジンスペックと燃費比較

新型ヴェゼルには、ホンダのハイブリッドシステムである「e:HEV」が搭載される見込みです。

これはフィットに搭載されているシステムと同じで、エンジンのパワーで発電を行い、その電気でモーターを動かすタイプです。

また、高速走行時はモーターを使わず、エンジンのパワーで走行します。

そのほかには、現行型に搭載されている1.5L・NAと1.5Lターボが搭載されることも予想されます。

ちなみに、フィットハイブリッドの燃費はWLTCモードで27.4km/Lですので、ヴェゼルも20.0km/Lを超える低燃費モデルになると思われます。

一方、CX-5に搭載されているエンジンは2.0Lと2.5LのNAガソリンエンジンと2.5Lターボガソリンエンジン、2.2Lディーゼルターボエンジンが設定されており、ハイブリッドはラインナップしていません。

CX-5の燃費は表のようになっており、燃費が一番いいモデルがディーゼル2WDの17.4km/Lです。

CX-5は排気量が大きくボディも大きいため、ヴェゼルに比べるとあまり認否は良くありませんが、ライバルと比べても遜色ない性能です。

また、CX-5のディーゼルは大変燃費が良い割にはパワフルで人気モデルとなっています

ボディー、内装サイズ、ラゲッジの広さを比較

新型ヴェゼルの全長×全幅×全高は4,350×1,770×1,600前後になると予想されています。

現行型と比較すると全長が少し長くなり、全高が低くなるため、新型ヴェゼルは存在感がアップして、クーペ風のデザインになると思われます。

一方、CX-5はヴェゼルよりは表のように一回り大きなボディサイズとなっています。

室内サイズの計測方法はメーカーによって異なりますので一概には言えませんが、ボディサイズの割にはCX-5の室内長は意外と短いと言えます。

マツダの車はロングノーズであることが特徴です。

ボンネットを若干長くすることによって、スタイリッシュなデザインに見せる手法ですが、室内が若干狭くなるというデメリットがあります。

CX-5もライバルのRAV4などに比べるとロングノーズですので、室内は若干狭くなっています。

一方、ヴェゼルはコンパクトなボディサイズの割には室内は広々しています。

Sponsored Link

新型ヴェゼルフルモデルチェンジ まとめ

以上、間もなく登場する新型ヴェゼルとCX-5を比較してみました。

ヴェゼルはなどのコンパクトSUVはサイズが手頃で扱いやすく、価格も比較的安く抑えられていますので気になる人も多いと思います。

また、ホンダのハイブリッドはトヨタとは異なり、モーターで走行する領域が多いのが特徴で、電気自動車のような乗り味があじわえるのもメリットです。

そして、デザインも変更され、クーペ風のエクステリアデザインが採用される予定ですので注目されます。

一方のCX-5もディーゼルエンジンを搭載していることもあり、大変人気のモデルです。

それぞれ車格が若干異なりますが、気になるひとはヴェゼルがデビューしたらぜひ試乗して比べてみてください。

ヴェゼルを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

「ヴェゼルが欲しいけど予算オーバーだ…」

「ヴェゼルをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、ヴェゼルの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、ヴェゼルには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取り、一括査定はもう古い!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「ユーカーパック」なら一括査定のような営業電話もなく、最大5000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定