売り上げNo1ディーラーが教える最安値で購入できる方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「ユーカーパック」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定

 

ヴェゼルハイブリッドの税金【自動車税と重量税】維持費はいくら?

ヴェゼルの購入を考えるとガソリン車にしようか、ハイブリッド車にしようか、迷うことがあると思います。

そこで、ヴェゼルハイブリッド車の自動車税や自動車重量税などの税金、維持費はどのくらいかかるのか、見ていきたいと思います。

Sponsored Link

ヴェゼルハイブリッドの自動車税はいくら?

 

自動車税とは、自動車を所有している方に毎年かかる税金です。

所有する自動車の排気量によって税額が変わります。

毎年4月1日時点の所有者を決め、郵送で支払いについて通知があります。

 

振込用紙が同封されているので、その用紙で支払いするか、またはインターネット上でクレジットカードを使用して支払いもできるので、とても簡単に手間がかからずに支払いできるようになりました。

以前は自動車税を納めたという領収書がないと車検を受けられないという規則がありましたが、改正され必要なくなりました。

昔からの流れで納税してしまっている人が多いと思いますので、気付いてない方も多いようです。


引用:https://crekichi.com/emoney/nanaco/353/

ヴェゼルハイブリッドの自動車税は、1年あたり34500円かかりますが、減税により軽減されています。

ヴェゼルハイブリッドは、下の表のようにグレードにより、50%減税と75%減税があるので、注意が必要です。

 

この減税で気を付けなければいけないのは、登録年度の翌年だけ適用されるということです。

1年目は全額払って、2年目は減税された分を払って、3年目は全額払うという形になります。

あくまでも一時的な減税なので、ずっと続くものではないということを覚えておいてください。

また、登録から10年程度経過すると、15%の上乗せとなってくることも覚えておいた方が良いかもしれません。


引用:http://www.city.nagaokakyo.lg.jp/0000007939.html

実際の金額を整理すると、

通常の支払い額 34500円

 

2年目の減税後の支払い額 

・50%減税 17500円

・75%減税 9000円
となります。

減税額としては、17000円、25500円の減税となります。

一時的な減税ですが、これだけの減税は魅力的だと思います。

 

ガソリン車の場合は、減税がないので、34500円を毎年納める形になります。

ヴェゼルで、ハイブリッド車とガソリン車に悩んでいて「この価格でこの燃費じゃ元がとれないよ」

とおっしゃる方もいますが、こういう税金のメリットがあるということも含めて考えると、違った見方ができると思います。

 

Sponsored Link

ヴェゼルハイブリッドの重量税はいくら?

次に、自動車重量税について説明したいと思います。

引用:https://annai-center.com/documents/juryozei.php
自動車重量税とは、自動車購入時、車検時にかかってくる税金です。

自動車の重量によって税額が変わります。

自動車重量税は、1年という有効期限が設けられていて、購入時、車検時に2~3年分をまとめて支払いする形になっています。

 

ヴェゼルハイブリッドの自動車重量税は、1年あたり7500円になりますが、減税により軽減されます。

自動車税と同様に、50%、75%の減税となっています。

実際にどのくらいの金額になるか、新車購入時の3年分の支払いで考えてみます。

 

通常の支払い額 22500円

減税後の支払い額

・50%減税 11200円

・75%減税 5600円

減税額としては、11300円、16900円の減税となります。

自動車税と同様に、次回の車検時まで適用される税金となっています。

新車購入時は3年後、中古車購入時は2年後に支払う仕組みですね

ヴェゼルハイブリッドでは減税ですが、他の車種では免税となっている車種も多いので、ハイブリッド車選びでは、注目したいポイントですね。

 

ヴェゼルハイブリッドの維持費はいくら?


引用:http://www.noblesse-japan.com/noblesse_VEZEL_m_shoukai02.html

自動車の維持費として考えなければいけないのは、

①ローン

②税金

③メンテナンス

④ガソリン代

大きく分けると、この4つになります。

この4つについて詳しく説明していきます。


引用:http://自動車ローン比較.com/img/honda%20logo.jpg

 

ローン

自動車を購入する際には、ほとんどの方が使用していると思います。

販売店でローン組んだり、銀行などでローンを組んだりと様々な選択肢があります。

ローンによって金利が変わってくるので、ローン選びは大切です。

ヴェゼルハイブリッドの販売店でもあるホンダでは、2種類のローンラインナップがあります。

・クレジット

月々の支払い額や、支払い回数を自分のライフスタイルに合わせて設定することができます。

・残クレ(残価設定型クレジット)

現在では、主流になりつつありますよね。

月々の支払額を抑えて、新車に乗れるというローンになります。

契約期間を設定し、期間満了後に返却するか、そのまま乗り続けるか選択できます。

 

税金

先ほど説明した自動車税、自動車取得税、自動車重量税の3つになります。

 

メンテナンス

車検はもちろん、オイルやタイヤや整備や事故の修理費用など、定期的にかかる費用から、突然起こる出費もあります。

メンテナンス費用としては、多めに考えておいたほうが、いざというとき安心です。

 

ガソリン代

ヴェゼルハイブリッドは、16~20km/Lなので、125円のガソリンを入れ、20km/Lで1万kmを走行したとすると、約6万円程度になります。

 

とても経済的ですね。

この4つに加えて、自動車保険、駐車場代などもあります。

一番怖いのが事故です。

出費だけではなく、ご自身、相手、そして心にまで傷を負うことになります。

心の傷には値段がつけられないと思います。


引用:http://www.siruzou.jp/kuruma/473/

一般的な維持費ですが、ヴェゼルハイブリッドクラスの排気量の車であれば、年間約45万円かかります。

ヴェゼルハイブリッドの場合、減税やガソリン代での節約できるので、35万円くらいで考えた方が良いと思います。

 

維持費に関しては、様々な状況で、大きく変化してしまうので、ピッタリな金額というのは難しいです。

ですので、税金は固定された金額と同じように、メンテナンスも同じお店にお任せするなど、なるべく変動がないほうが、プランは立てやすくなると思います。

 

Sponsored Link

ヴェゼルハイブリッド税金、維持費のまとめ

 


引用:https://www.carcostsaving.com/category8/

ヴェゼルハイブリッドは、税金の恩恵を受け、購入時にも、所有時にもメリットがあります。

年間維持費として約35万円かかりますが、この金額で抑えられるのは、ヴェゼルハイブリッドだから実現できる金額です。

ヴェゼルハイブリッドには、十分な魅力があると思います。

 

ただガソリン車に比べてハイブリッドは車両価格が高いのが難点です。

実は、ヴェゼルハイブリッドをお得に買う方法があるので、ぜひ試してみてくださいね!

ヴェゼルを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

「ヴェゼルが欲しいけど予算オーバーだ…」

「ヴェゼルをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、ヴェゼルの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、ヴェゼルには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取り、一括査定はもう古い!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「ユーカーパック」なら一括査定のような営業電話もなく、最大5000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定