ヴェゼルを値引き額からさらに安く買う方法

ディーラーの安い査定額で満足している場合ではありませんよ!

ディーラーというのは、もともと値引き相場が決まっているので、どんなに交渉しても、ある価格までしか値引きしてくれません。

じゃあ、どうするか?

愛車をなるべく高く売ればいいんです!

買取価格が上がれば、結果的に購入時の値引きが大きくなったのと同じですよね?

車の査定は後回しにすると損・損・損!!

ヴェゼルハイブリッドZの内装や装備

ヴェゼルハイブリッドには「G」「X」「RS」というガソリン仕様と共通のグレードが用意されていますが、ハイブリッド仕様にしか用意されていないグレードが1つだけあります。

それが「Zグレード」

 

この「Zグレード」はガソリン仕様、ハイブリッド仕様を合わせた全グレードの頂点、いわゆる「ヴェゼルの最上級グレード」という位置づけです。

HONDAヴェゼルと言えば内装のデザインや質の評価が高い車種ですが、その中でも最上級グレードのZは一段と内装にはこだわりを感じます。

ここではそんなヴェゼルハイブリッドZの内装や装備と「その他のグレードとの違い」をあわせてご紹介していきます!

スポンサードリンク

ヴェゼルハイブリッドZ内装 シート、運転席まわり

まずはシートの色や素材について。

ヴェゼルハイブリッドZではいずれもZグレード限定の「標準装備2種類+メーカーオプション1種類」の計3種類からシートを選ぶことができます。

それでは、標準装備のシートから1つずつ見ていきましょう。

パッションブラック


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/

ハイブリッドZの中ではいちばん無難な標準装備のシートで、良くも悪くもシンプルです。

ハイブリッドZのほかにはハイブリッドXのメーカーオプションでも選択することが可能

素材はフロントシートに本革を、リアシートには合成皮革を使用したファブリック(布)素材とのコンビシートになってます。

ジャズブラウン


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/

こちらも標準装備のシートになりますが、Z専用のシートとなり、ハイブリッドZ以外のグレードではメーカーオプションも含めて選択できません

パッションブラックとは打って変わって攻めたカラーリングですね。

派手好きな方にはこのシートが標準装備なのは嬉しいのではないでしょうか?

人によってはこのシートが購入するグレードの決め手になることもありそうですね!

素材はパッションブラックと同じく本革および合成皮革とファブリック素材のコンビシートになっています。

ブラック(本革)


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/

ブラック(本革)はそのまんま本革シートになります。

こちらはヴェゼルハイブリッドZのみ選択可能なメーカーオプションでよりプレミアムな位置づけのシートになってます。

本革シートとなってますが、シート側面、フロントシート背面、リアシートのアームレストなどには合成皮革が使われているようです。

 

続いて運転席まわりを見ていきましょう。

ステアリング


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

ステアリングに関しては素材の違いになります。

ヴェゼルの各グレードは本革巻が基本ですが、ハイブリッドZにはスムースレザーが使われてます。

ちなみにRSではRS専用の本革巻ステアリングが標準装備されています。

ステアリングの質感は好みの部分が多いので、ディーラーなどで実際に握ってみることをおすすめします!

シフトノブ

シフトノブに関してはZグレードと言うよりは、ガソリン仕様とハイブリッド仕様で違ってきます。

こちらがガソリン仕様車のシフトノブになります。

まあ、普通と言えば普通ですね。


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/gasoline/

 

これに対して、ハイブリッド仕様車のシフトノブ。

ハイブリッドらしい先進的な未来デザインです。


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/

 

シートヒーター


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

シートヒーターに関しては一部のグレードで非搭載なのですが、最上級グレードのZには当然のように標準装備されています。

寒い冬の日など、エンジンをかけたばかりだとなかなかヒーターが効きませんね。

そんなときに重宝するのがシートヒーターです。

じんわりと背中とおしりを温めてくれますよ♪

 

8wayパワーシート


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

運転席8wayパワーシート(スライド、リクライニング、座面の高さ(前後)、メモリー機能付き)がメーカーオプションで選択可能。

こちらはハイブリッドZとハイブリッドRSのみ選択可能なオプションになっています。

スポンサードリンク

ヴェゼルハイブリッドZの助手席、ナビまわり

続いてナビまわりと助手席ですが、まずは助手席から見ていきましょう!

シートヒーター


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

シートヒーターについては運転席と同じく助手席にも標準装備されてます。

助手席にもしっかりと「おもてなし」されている点はさすがヴェゼルZですね!

4wayパワーシート


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/cabin/

上の写真は運転席の8wayパワーシートですが、助手席には4wayパワーシート(スライド、リクライニング)がオプションで選択可能です。

運転席8wayパワーシートと助手席4wayパワーシートはセットなので「運転席のみ装備」という選択はできません。

 

続いてナビまわり!

ビルトインナビ


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

高精細7インチのビルトインディスプレイの外観です。

画面の視認性もとても良く、収まりが抜群ですね!

 

あなたの運転を診断してくれる「安全運転コーチング」や新しくできた道路などを自動でアップデートしてくれる「リンクアップフリー」の表示もこの7インチナビに表示してくれます。

また、USBが2か所あるので、スマホの充電など電源としても便利です。

そして、ホンダのディーラーで購入した場合、以後の地図更新は無料になるのもいいですね。

ナビの地図更新って意外に高いので、助かりますね!

 

プラズマクラスター搭載フルオートエアコン


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

エアコンや送風に連動して空気清浄や脱臭などもしてくれます!

ちなみにこれは全グレード標準装備となってます。

ヴェゼルZとXの乗り心地や内装について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

スポンサードリンク

ヴェゼルハイブリッドZの後部座席、トランク

ファミリーユースには気になる後部座席の装備とトランクルームを見ていきましょう。

足元の広さ


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/cabin/

身長180cmの人でも余裕を持って座れるように設計された後部座席は快適にドライブを楽しめそうです。

ちなみに後部座席の足元の広さにグレードによる違いはありません。

ドリンクホルダー


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

後部座席に限らず全ドアにドリンクホルダーが装備されています。

こちらも全グレード共通です。

続いてトランクルームを見ていきます!

トランク容量


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

後部座席を倒さずにゴルフバッグが3つ収まるほどに広いトランクルーム。

トノカバー


引用:https://motor-fan.jp/ucar/detail/0200765A30180417W004

トノカバーを標準装備しているのはハイブリッドZのみ

荷質の目隠しや日よけに使えるトノカバーが標準装備されているのは地味に助かります!

ヴェゼルのシートアレンジやトランクルームの便利な使い方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ヴェゼルハイブリッドZ内装の評価まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/

いかがでしたでしょうか。

HONDAヴェゼルのハイブリッドZは「まさに最上級」と言った装備の充実度ですね。

ハイブリッドZでしか選択できない装備もかなり多いです。

特に購入後の変更が基本的にできないようなシートカラーやパワーシートなどがどうしても欲しい場合は、必然的に購入するグレードが「Z」に絞られてしまいます。

口コミやレビューを見てみても、内装や装備に関しての好評価が多いので、ユーザー満足度もかなり高いと思われます。

ちなみに4WDのハイブリッドXとハイブリッドZの価格差が約17万円

17万円の価格差でこの装備はかなりお買い得でしょう!

購入する際は装備や内装も視野に入れていく必要がありそうですね。

 

総支払額を抑えることができれば、その分でハイブリッドZの購入費に充てることができますね!

通常の値引きよりもさらにお得に購入する方法があるので、ぜひ購入する方はやってみてくださいね!

欲しかったヴェゼルハイブリッドZが手に入るかもしれませんよ♪

 

今回の記事内容が動画でご覧になれます。

ヴェゼルを値引き額から、さらに安く購入できる裏ワザとは?

ヴェゼルを購入するなら、ぜひこの裏ワザでお得に購入してくださいね!

自分の愛車の査定額を知らずに、ディーラーに行くと必ずします!

実際どのくらい差が出たのかをご紹介します。

この車はディーラーでの下取りを含めた値引きが250,000円でした。

 

まだ、比較的新しい車ということもあり

「えっ?? そりゃないよ~

ということで一括査定で無料査定してもらうと?

 

適正価格はなんとディーラーよりも20万円も高い買取金額でした。

その後、ディーラーへ行き「買取店で45万円という査定額だったのですが」

と伝えてみると、検討するとのことで2日ほど待たされましたが

「今回購入してくれるなら、2万円上乗せして47万円で下取りします。もう限界です…」との回答。

最初の値引きが限界と言いつつ、一括査定の金額を提示すると25万⇒47万=22万のアップです!

安心車.JPなら無料で10社の査定が受けられる

「安心車.JP」が人気なのは、メーカーや車種、年式など、たった1分ほどのかんたんな入力で、しかも無料であなたの車の下取り価格がわかること!

「安心車.JP」はあなたの車をより高く売ることができる一番の方法です!

「安心車.JP」に登録している買取業者は「ガリバー」「アラジン」「TAX」といった優良企業が50社以上!!

・車両情報などを入力して無料ですぐに査定

・一番高い金額を提示してくれた業者さんに売るだけ

・満足できない査定額の場合はもちろんキャンセルOK!

車を乗り換える前に、まずは、事前に愛車の本当の買取額を知っておくことが大切です。

ディーラーで思ったより安い下取り価格を出されたら

「買取り店では90万円という価格が出ているので、こちらでその金額が無理なら買取りしてもらう予定です。下取りなしの条件で値引きがいくらまでできるのか提示してください。」

つまり、あなたの愛車の相場をあらかじめ知っておけば、交渉で損しない価格にまで持っていくことが可能になります。

お客さんお客さん

なるほど!どちらにしても愛車の相場は知っておいた方が損しないんだね!

↓こんな感じでかんたんに入力するだけで、今の愛車の相場や最高買い取り価格無料ですぐに分かります!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!