ヴェゼルを値引き額からさらに安く買う方法

ディーラーの安い査定額で満足している場合ではありませんよ!

ディーラーというのは、もともと値引き相場が決まっているので、どんなに交渉しても、ある価格までしか値引きしてくれません。

じゃあ、どうするか?

愛車をなるべく高く売ればいいんです!

買取価格が上がれば、結果的に購入時の値引きが大きくなったのと同じですよね?

車の査定は後回しにすると損・損・損!!

コンパクトSUVの日本代表としてその名の高いホンダ・ヴェゼル。

SUVとしてはもちろん、ファミリーカーとしても存在感を発揮しつつあります。

そんなヴェゼルですが、XグレードとZグレードの乗り心地は良いのでしょうか?

また、実際のオーナーさんたちの内装の評価や口コミについてもご紹介いたします。

スポンサードリンク

ヴェゼルハイブリッドXとZの乗り心地は?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

ヴェゼルXグレードは、通常のグレードに快適装備を加え充実させたモデルで、ガソリン車・ハイブリッド車があり、どちらもFF車と4WD車があります。

一方、ヴェゼルZグレードはハイブリッド車のみに用意されているグレードですが、Xグレードの装備に加えて特製のインテリアやパフォーマンスダンパーの装着など、より装備にこだわったグレードに仕上がっています。

こちらもX同様、FF車と4WD車があります。

では、そんな2つのヴェゼルの乗り心地を、ユーザーの口コミから検証してみましょう。

ヴェゼルハイブリッドXの乗り心地は良い?悪い?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

○がっちりと固められたボディにスポーティなサスが組み合わされ、適度に引き締まったスポーティな乗り味です。

○背が高いのにグラグラしない。

評価で言われているようなロードノイズもそんなに気にならない。

○特に街乗り、路面の凸凹を拾いすぎる。

 

ヴェゼルの足回りは、街乗りよりはスポーツ走行を意識したやや硬めの足回りになっています。

フロントとリアに装着された振幅感応型ダンパーが路面の状況を柔軟に感知して特性を変化させはしますが、あくまで「やや硬め」の域での変化となります。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

高速道路やワインディングなどの安定した路面ではそれが効果を発揮し、長時間の走行でも車体安定性は抜群で、疲れを気にせず楽しいドライブができるでしょう。

おそらく、峠道などのワインディングを走ったら安定した乗り心地で最高に気持ちが良いのではないでしょうか。

ただそれは「きれいな路面」の話で、うねっている道や、歩道と車道の段差のような凹凸面ではその衝撃をある程度車内に伝えてしまいます。

スポーツ走行に理解のある方なら納得いくかもしれませんが、慣れないお子様や女性には、少しつらいものがあるようで、その点がマイナスポイントでした。

 

ヴェゼルハイブリッドZの乗り心地は良い?悪い?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

○ホンダ車は硬めの傾向だと思いますが、硬いか柔らかいかと言えば、「硬い方」です。

○固い方が好みではありますが、実にしなやかに走り、十分満足です。

○コーナーでも挙動が安定しており、適度な硬さという気がします。

 

サスペンションの基本設計はXとZで変わらないため、きれいな路面ではすごく走りやすい一方、路面の凹凸を車内にある程度伝えてしまう点は変わりありません。

ただ、ZグレードにはXグレードにない装備として「パフォーマンスダンパー」が装着されています。

ヴェゼルZの乗り心地と評価

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/image/pic_driving_visual_02.jpg

 

これは、走行中の車両のたわみや微振動を軽減するためのパーツで、装着することで車両にかかる衝撃を吸収し、ある程度減衰させることができます。

ヴェゼルZの乗り心地と評価

「パフォーマンスダンパー」のおかげでXと比較して車内に伝わる衝撃が減ることから、Zの方がXよりも快適なドライブが可能です。

街乗りでもその衝撃をある程度減衰させるので、足回りの硬さのわりに振動は感じないでしょう。

走るのが好き、という方々には非常に評価の高い足回りです。

 

スポンサードリンク

ヴェゼルハイブリッドXとZ、内装の評価は?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

続いて、乗り心地と同様に内装についても口コミから評価を考えてみましょう

ヴェゼルハイブリッドXの内装の評価

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/

○リアシートは、座面、シートバックともに適度な大きさがあります。

やや頭上空間に窮屈な感じはありますが、使用上の問題はありません。

○スタイリッシュなボディ形状にしては、荷室も十分な容量が確保されています。

これなら4人家族で2泊3日旅行も可能です。

○リアシートを倒せば車中泊が余裕でできます。

また、床が低いので圧迫感も少なくて快適。

 

ヴェゼルハイブリッドXの内装はブラックで統一されており、シートにはファブリック(布)が使われていますが、オプションでコンビシートや専用インテリアにすることが可能です。

また、本革巻きのステアリングホイールや運転席・助手席のシートヒーターなど、おしゃれな装備と快適な装備がバランスよくミックスされたグレードです。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/

コンパクトサイズ規格なのでミニバンや大型SUVと比べると少し窮屈さはありますが、それでも低床化によってライバル車と比較して広い車内を確保しています。

また荷室もミニバンに匹敵する容量を抱えていることから、ちょっとした買い物から数日の旅行もこなせる非常に便利な内装です。

ヴェゼルトランクの広さ

 

ヴェゼルハイブリッドZの内装の評価

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/

○高級路線ではなくカジュアルなお洒落な雰囲気でこの車のキャラクターに合っていて気に入ってます。

○前後・左右・上下とも、これくらい広いとくつろげます。

○落ち着いたカラーリングでおしゃれ!ハイブリッドZでしか選べない色なのでプレミアム感がある。

後席も同様で、特に窓が広く圧迫感がありません。

 

インテリアに関しては、XもZも評価が高かったです。

ZのインテリアはXの装備に加えてオプションであったコンビシート・専用インテリアが標準で搭載されており、更にプラチナクロームメッキが随所に加飾されています。

ヴェゼルZ内装の評価口コミ

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/image/pic_platinum_chrome.jpg

オリジナルカラーのジャズブラウンの内装は更におしゃれです。

また、ラゲッジルームにハードボードが装着され、全ドアがワンタッチ式のパワーウインドウになるなど利便性も大きく向上しています。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/interior/luggageroomhardboard/

 

X同様、利便性のある内装ですが、こちらはそのデザインに対する評価が高かったです。

さすがに高級車と互角の内装とまではいきませんが、カジュアルな内装は高級車とは一味違う「おしゃれな雰囲気」をかもし出し、ユーザーからの評価も高いようですね。

もちろんX同様の広さも健在ですので、おしゃれな空間でより快適に過ごすことができるでしょう。

 

この記事が動画でご覧になれます。

スポンサードリンク

ヴェゼルハイブリッドXとZどっちがおすすめ?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/

性能と内装のレベルを考えると、やはりおすすめはZです!

Xの装備がすべて整っている上に走行能力も格段に上がっているので、きっとドライブが楽しくなるでしょう。

さすが、ヴェゼルの最高級グレードですね!

また、内装のオリジナルカラーであるジャズブラウンは非常におしゃれでおススメです。

ただし、ZとXの価格差は約17万円で、決して小さな差ではないです。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/

確かにZは走行性能も内装もXと比較して良いものですが、Xでもヴェゼルの楽しさは十分わかっていただけると思います。

なのでZをぜひオススメしますが、ちょっと資金的に余裕がない方はXを選んでも決して損はないと思います。

 

 

ヴェゼルハイブリッドXとZ乗り心地、内装まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/cabin/

ここまでヴェゼルハイブリッドのXグレードとZグレードについて、乗り心地と内装についてご紹介してきました。

適度に硬い足回りでスポーツ走行を楽しめ、なおかつ黒でまとめられたシックな内装を持つX。

パフォーマンスダンパーを加えることでより走行性能を向上させた上にオリジナル内装のジャズブラウンでよりおしゃれな内装を手に入れたZ。

両車共にヴェゼルを存分に楽しめる車に間違いありませんよ!

 

ヴェゼルをこれから購入するか悩んでいる方のために、お得に購入できる方法をお伝えします。

それを使えば、XからZへのグレードアップも可能になりますので、ぜひ試してみてください。

ヴェゼルを値引き額から、さらに安く購入できる裏ワザとは?

ヴェゼルを購入するなら、ぜひこの裏ワザでお得に購入してくださいね!

自分の愛車の査定額を知らずに、ディーラーに行くと必ずします!

実際どのくらい差が出たのかをご紹介します。

この車はディーラーでの下取りを含めた値引きが250,000円でした。

 

まだ、比較的新しい車ということもあり

「えっ?? そりゃないよ~

ということで一括査定で無料査定してもらうと?

 

適正価格はなんとディーラーよりも20万円も高い買取金額でした。

その後、ディーラーへ行き「買取店で45万円という査定額だったのですが」

と伝えてみると、検討するとのことで2日ほど待たされましたが

「今回購入してくれるなら、2万円上乗せして47万円で下取りします。もう限界です…」との回答。

最初の値引きが限界と言いつつ、一括査定の金額を提示すると25万⇒47万=22万のアップです!

安心車.JPなら無料で10社の査定が受けられる

「安心車.JP」が人気なのは、メーカーや車種、年式など、たった1分ほどのかんたんな入力で、しかも無料であなたの車の下取り価格がわかること!

「安心車.JP」はあなたの車をより高く売ることができる一番の方法です!

「安心車.JP」に登録している買取業者は「ガリバー」「アラジン」「TAX」といった優良企業が50社以上!!

・車両情報などを入力して無料ですぐに査定

・一番高い金額を提示してくれた業者さんに売るだけ

・満足できない査定額の場合はもちろんキャンセルOK!

車を乗り換える前に、まずは、事前に愛車の本当の買取額を知っておくことが大切です。

ディーラーで思ったより安い下取り価格を出されたら

「買取り店では90万円という価格が出ているので、こちらでその金額が無理なら買取りしてもらう予定です。下取りなしの条件で値引きがいくらまでできるのか提示してください。」

つまり、あなたの愛車の相場をあらかじめ知っておけば、交渉で損しない価格にまで持っていくことが可能になります。

お客さんお客さん

なるほど!どちらにしても愛車の相場は知っておいた方が損しないんだね!

↓こんな感じでかんたんに入力するだけで、今の愛車の相場や最高買い取り価格無料ですぐに分かります!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!