下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、「無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

ヴェゼルがファミリーカーにおすすめ

コンパクトSUVの日本代表としてその名の高いホンダ・ヴェゼル。

SUVとしてはもちろん、ファミリーカーとしても存在感を発揮しつつあります。

そんなヴェゼルがファミリーカーとしておすすめの4つの理由をお伝えします。

 

Sponsored Link

もしもの時、ヴェゼルの安全装置が家族を守る

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/active-safety/

スバルの「アイサイト(EyeSight)」を皮切りに、今や車の安全運転支援システムの搭載が当たり前になっています。

それにともない政府も「サポカー」と呼ばれる安全装備のレベル基準を定め、安全装備の装着を推奨しています。

 

どのメーカーも「衝突回避支援」をメインとして安全装備システムを制作していますが、その中でもホンダが誇る安全装備が「ホンダ・センシング(Honda SENSING)」です。

ミリ波レーダーと単眼カメラで自動車前方にある車・人・障害物との距離を計測し、衝突の危険を察知するブレーキを補助して衝突回避を支援します。

 

ホンダセンシングの安全装備動画

ヴェゼルは衝突軽減ブレーキに加え「誤発進抑制機能」「歩行者事故低減ステアリング」「路外逸脱抑制機能」「アダプティブ・クルーズ・コントロール」「車線維持支援システム」

「先行車発進お知らせ機能」「標識認識機能」と、ホンダ・センシングが誇るほとんどの安全装備を搭載した、ホンダ車の中でも極めて安全性の高い一台になっています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/passive-safety/

これらの機能は多くが「万が一の事故を回避・軽減する」のが目的ですが、その他に「運転中のストレスを軽減する」機能もあります。

例えば「アダプティブ・クルーズ・コントロール」がそれに該当し、前走車との車間距離を常に一定に保つよう車を自動でコントロールする機能で、高速道路などでドライバーのストレスを軽減します。

 

純粋な事故回避だけでなく、運転者のストレス軽減により事故の原因も回避する、それがホンダ・センシングの強みです。

安全な車は、運転者自身も、そして同乗者である家族や友人も、そして歩行者や車のまわりの人たちも、みんなを事故からすくってくれる車ということ。

 

「ふんだんに盛りこまれた安全装備」

 

これがヴェゼルの人気の理由の1つです。

 

Sponsored Link

ヴェゼルの馬力と燃費

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

SUVといえば、そのパワーに注目が集まるのは当然のことです。

本来SUVとは「オフロードの走破性」が高く、ついでに一般道も走れる車をさす言葉なので、山道を軽々とこえられるパワーは絶対条件です。

 

ヴェゼルのエンジンパワーは、ガソリン車が131馬力、ハイブリッド車は132馬力のエンジンと29.5馬力のモーターを搭載しています。

これは1,500ccクラスのエンジンではかなり高い方で、排気量で上回るC-HRのエンジンパワーをもしのぐ数値です。

そのエンジンはホンダが長年育ててきた「VTEC」の進化形「i-VTEC」

 

日常で使われる低回転域での使い勝手がよく、それでいてスポーツ走行時の中高回転域でもパワーが出せる器用なエンジンです。

お母さんが買い物に行く時も、お父さんの運転でドライブへ行く時も、どちらでもストレスなく運転できるパワーを発揮できます。

 

それほどハイレベルなエンジンなら、燃費が悪いのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

ガソリン車の燃費は2WDで21.2km/L、4WDで19.6km/Lになっており、ハイブリッド車の燃費は2WDで27.0km/L、4WDで23.2km/Lとなっています。

 

さすがにハイブリッド車のパイオニアであるトヨタのコンパクトSUV「C-HR」には一歩およばないものの、この数値はSUVとしてはきわめて優秀です。

「場所やドライバーを選ばないエンジンパワー」と「パワーや重さに負けない低燃費」

この2つが、ヴェゼルを押し上げてきた理由の一部と考えます。

 

Sponsored Link

後部座席とトランクは広い?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

SUVはアウトドア向けの車という印象もあってか、後部の広さや荷室の使い勝手は重要な1つでもあります。

ヴェゼルの後部座席は「身長185cmの人でも、ゆったり座れる」ことを目指したシート設計がされており、肩幅が広い男性でも、背の小さい子供でも、誰もがミニバンの様にゆったり座ることができるようになっています。

 

また、5人乗りでも広い荷室を確保しており、最大で393Lものラゲッジスペースを確保しています。

また、開口部を広くすることで荷物の積み込み・積み下ろしを容易にしており、余計な負担をかけずに荷室を利用することができます。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

また、通常は後部座席の下にある燃料タンクを運転席前に移動させることで後部空間を広げることに成功し、コンパクトカーとは思えない広さと多彩なシートアレンジを可能にしています。

これは「センタータンクレイアウト」とよばれる、ホンダの特許技術です。

 

コンパクトカーでありながら「大型SUV・ミニバンに負けない後部の使い勝手の良さ」、これがヴェゼルが選ばれる最後の理由です。

 

ヴェゼルがファミリーカーにおすすめ まとめ

今回は、ヴェゼルがファミリーカー売れている4つの理由をご紹介しました。

その理由は

「ふんだんに盛り込まれた安全装備」

「場所やドライバーを選ばないエンジンパワー」

「パワーや重さに負けない低燃費」

「大型SUV・ミニバンに負けない後部の使い勝手の良さ」

の4つです。

もちろんヴェゼルにはライバルも多く、弱点だってないわけではありません。

それでもなおヴェゼルが人気なのは、こういったヴェゼルの強みがしっかり生きているからでしょう。

 

そんなヴェゼルをお得に購入できる方法はご存知でしょうか?

もし下取り車があれば、普通よりも総支払額を下げる方法があるんです。

ヴェゼルを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

「ヴェゼルが欲しいけど予算オーバーだ…」

「ヴェゼルをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、ヴェゼルの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、ヴェゼルには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

 

車の査定は後回しにすると損・損・損!!